アクセス お問合わせ 文字サイズ

翻訳者評価登録センター(RCCT)

翻訳者登録制度は、翻訳サービス提供組織(TSP)に対する要求事項を規定した国際規格ISO17100に基づき、専門的力量を有する翻訳者を第三者機関(日本要員認証協会 翻訳者評価登録センター)が評価し登録する制度です。

1.翻訳者評価登録センター(RCCT)からのお知らせ

  • 2019年04月01日
  • 制度開始に伴う登録料無料期間の終了について
  • 2019年02月28日
  • 特許・知財分野の翻訳検定試験の統合のお知らせ
  • 2017年10月20日
  • RCCT TR01 「翻訳者の資格基準及び手続き」 改定のお知らせ
  • 2017年07月19日
  • 翻訳者評価登録センター「登録者情報検索システム」スタート



お知らせの詳細へ

2.翻訳者登録制度とは

翻訳者登録制度は、翻訳サービス提供組織(TSP)に対する要求事項を規定した国際規格ISO17100に基づき、専門的力量を有する翻訳者を第三者機関(日本要員認証協会 翻訳者評価登録センター)が評価し登録する制度です。

品質の高い翻訳サービスを支えるのは個々の翻訳者であり、翻訳者の力量向上を支援する本制度は翻訳サービスの“質”に更なる信頼性を付与する仕組みとして機能することが期待されています。

翻訳者登録制度は、一般社団法人 日本翻訳連盟(JTF)及び特定非営利活動法人 日本知的財産翻訳協会(NIPTA)をはじめとした業界団体、また関係者の皆様の協力のもとで創設されました。制度開始(本年4月1日)以降も引き続き協力体制を維持しながら運営を行います。制度詳細は こちらをご覧ください。

3.事業運営基本方針

一般財団法人 日本要員認証協会 翻訳者評価登録センターは、公平、公正な立場を厳守して業務に取り組み、翻訳者の力量の向上、さらに翻訳者評価登録制度全体の質の向上を目指します。
この目的を達成するために、当センター職員及び翻訳者評価登録業務関係者は、次の事項に留意して翻訳者の評価登録に関わる事業を行います。

(1)公平・公正な翻訳者評価登録業務の実施
客観的な事実・情報に基づく翻訳者の評価登録を行います。翻訳者の評価登録にあたっては、客観的な基準を厳格に適用し、公平、公正な評価を行います。

(2)適正な翻訳者検定試験の登録
翻訳者の初期登録段階における力量評価は、翻訳者検定試験によって行います。そのため、適正な翻訳者検定試験を登録するための登録基準を設定し、公平、公正に翻訳者検定試験の登録を行います。

(3)利害関係者の期待の反映
翻訳市場の関係者の期待に応えられる翻訳者を登録して行くため、利害関係者のニーズの把握に努め、翻訳者の評価登録及び翻訳者検定試験の登録業務に反映して行きます。

(4)継続的なプロセス改善
当センターの業務プロセスを常に見直し、継続的改善に努めます。
また当センター職員は、当センターによる教育プロセス及び自主的な活動によって能力向上に務めます。

(5)情報保護の徹底
日本規格協会グループの個人情報保護方針に従って、個人情報の取得及び管理を行います。さらに、法律で求められた場合を除いて、当センターが入手した登録者(申請者含む)、翻訳発注者及び翻訳案件を特定できる情報を、当該者の事前の了解なしに第三者のみならず当センターが委嘱する各種委員に対しても秘匿します。

2019年4月1日
一般財団法人 日本要員認証協会
翻訳者評価登録センター
上級経営管理者 尾形 泰宏

4.翻訳者登録の申請

1)基準文書

No 題名 備考
1 翻訳者の資格基準及び手続き(RCCT TR01)
2 異議申し立て及び苦情の取扱い手続(RCCT TA11)
                

2)申請様式

RCCTに翻訳者として登録申請をされる方は、該当する申請種類(新規、拡大、格上げ、更新)に応じた手続きが必要です。詳細は、翻訳者の資格基準及び手続き(RCCT TR01)及び各様式を参照ください。
様式No 題名 備考
様式1 翻訳者登録申請書 誓約書を兼ねる
様式2 経歴書 新規申請時
様式3 翻訳実績報告書 新規、更新における翻訳実績提示用
様式4 翻訳経験証明書 専業専門家としての翻訳経験又は同等の経験を有する場合に様式3に代えて使用可
様式5 継続的専門能力開発(CPD)実績の記録 資格更新時
様式6 2年間の活動の振返りと苦情等の記録 資格更新時
様式7 登録情報変更依頼書
様式8 振込み連絡票
様式9 登録証明書・登録カード再発行依頼書
様式10 翻訳者活動に関わる苦情報告書 翻訳者が受けた重大苦情の報告
様式12 資格放棄の届
様式13 領収書依頼票

3)料金表

(1)料金の振込方法
申請料、年間登録料の振込については申請前に申請料、年間登録料の合計をお振り込みいただき、振り込み記録の写しを「振込み連絡票(様式8)」に添付してください。なお登録が認められなかった場合は、年間登録料のみを返金させていただきます。
(2)料金(2019年9月30日までにお支払いの場合は、こちらの料金表をご参照下さい)
<1>翻訳者の申請料及び登録料
翻訳者として申請時に必要な料金(消費税込)
資格区分 APT PT PPT
新規 申請料
(2年分の登録料)注
5,400円
(27,000円)
5,400円
(21,600円)
5,400円
(16,200円)
更新 2年分の登録料 27,000円 21,600円 16,200円
拡大 申請料 5,400円 5,400円 5,400円
格上 申請料 5,400円 5,400円 -
注) 登録料について
  • 新規申請時には、申請料と登録料の合計金額の振込みが必要である。ただし、2019年3月31日までに新規申請する場合の登録料(2年分)は無料とする。
  • 言語方向及び専門分野など、複数種類の資格を保有する場合には、登録料として最上位の1資格分のみが必要となります
<2>再発行料
何らかの理由で登録証明書、登録カードの再発行を希望する場合に、必要となる費用(消費税込)。
再発行対象の区分 再発行料(消費税込) 登録証明書、登録カード 各1,080円

 (3)料金(2019年10月1日以降にお支払いの場合は、こちらの料金表をご参照下さい)
<1>翻訳者の申請料及び登録料
翻訳者として申請時に必要な料金(消費税込)
資格区分 APT PT PPT
新規 申請料
(2年分の登録料)注
5,500円
(27,500円)
5,500円
(22,000円)
5,500円
(16,500円)
更新 2年分の登録料 27,500円 22,000円 16,500円
拡大 申請料 5,500円 5,500円 5,500円
格上 申請料 5,500円 5,500円 -
注) 登録料について
  • 新規申請時には、申請料と登録料の合計金額の振込みが必要である。ただし、2019年3月31日までに新規申請する場合の登録料(2年分)は無料とする。
  • 言語方向及び専門分野など、複数種類の資格を保有する場合には、登録料として最上位の1資格分のみが必要となります
<2>再発行料
何らかの理由で登録証明書、登録カードの再発行を希望する場合に、必要となる費用(消費税込)。
再発行対象の区分 再発行料(消費税込) 登録証明書、登録カード 各1,100円

4)口座情報

各種料金の振込先銀行口座は以下のとおりです。
項目 銀行口座
銀行名 みずほ銀行 (0001)
支店名 青山支店(211)
預金種別 普通預金
口座番号 2619553
口座名義 一般財団法人日本要員認証協会
ザイ)ニホンヨウインニンショウキョウカイ

5.翻訳検定試験の登録申請

1)基準文書

2)申請様式

No 題名 備考
1 検定試験登録申請書

3)RCCT登録の翻訳検定試験 実施機関

6.翻訳者のページ

「翻訳者のページ」は、RCCTに翻訳者として資格登録をされている方がご利用いただけるウェブページです。「翻訳者のページ」では、登録情報の変更や「翻訳者情報検索システム」上の情報公開/非公開を設定することが可能です。
初めてご利用される方は、まずログイン用のパスワードをご登録いただき、その後、ログインしてください。なお、パスワードのご登録のためには、Eメールアドレスが必要となります。

URL : https://translator.jrca-jsa.or.jp/members/login

7.翻訳者情報の検索

翻訳者評価登録センター(RCCT)に翻訳者として登録された方の情報を検索できるウェブページです。 氏名、住所、電話、メールアドレス等の公開/非公開は登録された翻訳者本人の希望によります。 下記URLよりご覧ください。

URL : https://translator.jrca-jsa.or.jp/searches/

8.お問い合せ

1)申請書類送付先

各種申請書類の提出及びお問い合わせは、下記までお願いいたします。
一般財団法人日本要員認証協会
 翻訳者評価登録センター(RCCT)
 〒108-0073 東京都港区三田3-13-12三田MTビル
 TEL: 03-4231-8592 FAX: 03-4231-8685
 E-mail:rcct@jrca-jsa.or.jp

2)お問い合せ

申請手続き等に関するお問い合わせは、こちらからお願いいたします。